消防団と奉仕団の出初式が成人の日に行われます

午後になって雪が降り始め、降らないうちに消防団の行進が終わって良かったと思いました。 私の住むこの地方では成人式は40年来夏に行われます。成人の日は消防団の出初式が恒例となっています。消防団の活動のサポート的ポジションに女性たちで組織された赤十字奉仕団も当日は一緒に参加します。ユニフォームが作務衣みたいな形をしていて歴史を感じます。新しいタイプのユニフォームも検討されていますが古いけれど伝統を感じます。寒いこの時期に、一連の儀式や挨拶の後市中行進は手足が冷たくなって辛いものがあります。 団員の要望を聞き入れ改善はして来ていますが、依然は雪が降る中を行進したと聞き出初式の行事が伝承されてきたのはボランティア活動としての誇りを持っていなければ出来ない事です。都会と違い地域に密着していることも大きいと思います。 役場の駐車場が各消防団の消防車も行進から戻ったようです。こんなに一堂に消防車が集うのは出初式と消防の技能の大会の時だけです。 ミュゼ 100