Dynabook(ダイナブック)といえば東芝のノートパソコンの名前を思い浮かべる人が多いと思いますが、この言葉はアメリカのアラン・ケイという人物が提唱したことで広まったのだそうです。この人物はパーソナルコンピューターの父と言われているそうで、ダイナミックなメディアが詰まった、本のようなコンピューターを各人が持ち歩くようになるだろうと予測したことで、ダイナブックという言葉が生まれたと言います。このダイナブック構想をアラン・ケイ氏が提唱したのが1970年代だったそうで、当時はコンピューターはまだ高価で、大型機みんなでシェアして使うのが当たり前でした。その時代に、今のような未来を予測していたということになります。このアラン・ケイ氏は他にも「未来を予測する最善の方法は、自らそれを創りだすことである」ということも言っています。この言葉を聞いて私は、誰かに作られた未来に生きるより、自分で切り開いた未来に進む方がいいと思いました。ミュゼ 100円 カウンセリング

最近、日本のマチュピチュとも言われている竹田城址の残るストリート、竹田まで各駅停車で旅してきましたが、時刻はかっかりましたが、のんびりとした時刻が過ごせました。昔のように、駅舎のHOMEで駅弁が販売されていることはなく、味気ないインスピレーションは否めませんでしたが、各駅停車ならではの旅情インスピレーションに浸りながら旅することができて、満足しています。名勝らしく、ストリートは整備されていましたが、それでも少々乗り物を伸ばして散策すると、道路裏にはレトロな佇まいの場面を捜し当てることもでき、ツアーの発見する安堵を味わいました。名勝なので、いわゆる昔ながらのレストランも駅前で営業していましたし、近くにはベーカリーくんやカフェなどもあったりと意外に安心でした。但し、何とか歩いてみても、コンビニはなく、さすがに遠方まで来たんだと実感しました。緑の感が伝わって現れるほどの野生美あふれる城下町を堪能することができ、ワンデイではありましたが意外とゆっくりと楽しめましたし、なにより気候にも恵まれ素晴らしい手帳になりました。アイフル バレない